表示が会員価格に変わります。

DINOSAURS WILL DIE



Dinasaurs Will Die snowboardsというアイデアが生まれたのは2004年の秋。

生みの親であるジェフもショーンもまだほかのブランドのボードに乗っていた。
歴史あるそれぞれのブランドを二人とも気に入っており、ずっと乗り続けるつもりでいたのだが、幸いにもその希望は絶たれ、DWDというブランドが生まれるきっかけとなる。

2005年:最初のボードが南カリフォルニアで生産された年で、生産されたボードの数は一種類。
OGボードとしてサイズは4つ。いまでもたまに見かけるボードだ。
チームには、ジェフ・キーナン(Jeff Keenan)、ショーン・ジェノベーゼ(Sean Genovese)がメインライダーとして、所属し、現在は北米では人気ブランドの1つとなっている。

【共通項目】


●サンドイッチ構造
●ポプラウッドコア、ボードの先端からテールのインサートに沿った2本のバーチ材のストリップ
●スタンスのオプション用に12種類のステンレスインサート
●ABSスタンダードの30度サイドウォール
●エッジチューニング
●全てのDinosaurs Will Die snowboardsはオーストリアのファクトリーで製造されている。


【ソール素材】

●eXtruded base:最強のベースだがメンテナンスは簡単
●SINtered base:こちらも非常に丈夫なベース

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0